ブログを書籍化する方法

ブログを出版するには?という方のためにブログを書籍化する方法を説明します。

ブログから出版する方法

ブログから取材や出版のオファーがきたときの対応

投稿日:

ブログを露出していくと、取材や執筆依頼がくると思います。

その場合、自分のブランディングで望ましくないものでなければ、できるだけ損得勘定抜きで受けるようにしてください。

 

最初は地元のフリーペーパーなのかもしれませんが、そういう活動は必ず次につながり、最終的には大きなメディアを動かすことになることも少なくありません。

 

取材であれば、それが信用になり、更なるブランディングになり、次の取材がくるという流れの繰り返しになるはずです。

執筆依頼であれば、最初はフリーペーパーのコラムぐらいかもしれませんが、そこから業界紙や地方紙から依頼がくるようになり、さらに雑誌やムック、そして書籍へとつながっていくはずです。

 

いずれにしても、そこで評価されれば、必ず、次のステージに上がっていけるようになりますので、相手に不快感を与えることなく、メリットを与え、より自分の存在が波及するように考えるようにしてください。

 

もし、自分では対応できなかったら、誰か相応しい方を紹介するようにしてください。

そうすることで、頼られる存在になることができ、いろいろな相談をされるようになり、自然と情報が集まるようになります。

Ad

Ad

-ブログから出版する方法
-

執筆者:

関連記事

本になるブログの特徴とは

出版社の編集者が書籍のネタをインターネットで探すということは、その記事が書籍として商品価値があるかどうかがポイントになります。 つまり、ブログの記事をコンテンツとして見たときの商品価値ということです。 …

出版社の編集者からブログを見て本にするオファーしてもらう

ブログも完成したら、今度はこちらから見つけてもらいに行きましょう。 ただし、ダイレクトで「出版したい」「ブログを見て欲しい」などとアプローチしても、押し売りと同じです。 出版業界の人間は、下心が見える …

編集者に信頼されるためにブログを継続的に更新するしくみを作る

ブログの書籍化を目指す場合、出版社がブログを見たときに信頼性がなくてはなりません。 そのためには、文字数や記事数、プロフィールやデザインなども見られますが、それよりも更新頻度が重要になります。 コンテ …

出版社は本になりそうなブログや著者を探している

出版社は、常に面白いネタを探しています。 これは、間違いなく事実です。   つまり、現時点であなたのブログが書籍化のオファーを受けていないのであれば、それは、出版業界の人間に気付かれていない …

本にするのに必要なコンテンツブログの作り方

コンテンツブログについて詳しく説明します。   ●コンテンツブログの目的 できるだけ絞り込んだテーマで、1テーマ1ブログにして量産し、コンテンツ重視の検索に引っかかりやすいブログを目指します …