ブログを書籍化する方法

ブログを出版するには?という方のためにブログを書籍化する方法を説明します。

ブログから出版する方法

ブログを本にする方法と戦略

投稿日:

ブログ本を出している出版社は別ですが、一般的に出版業界の人間がブログを探すポイントは、“検索結果”と“口コミ”と説明しました。

しかし、この2つのポイントを両立させるブログを運営するのは、非常に難しいです。というよりも、無理でしょう。

そこで、ブログ本を出したいなら、それぞれの探され方に応じた複数のブログを用意してください。

 

まず、“検索結果”で探されるためのブログは、コンテンツ重視のコンテンツブログになります。

次に、“口コミ”で探されるためのブログは、勝手に紹介されるブランディングブログです。

この2つのパターンのブログが書籍化するためのブログになります。

もちろん、書籍化のイメージがあるのであれば、どちらかでも構いません。

 

そして、これらの書籍化を目指すブログをサポートするためのコミュニケーションブログを用意しておいてください。

このコミュニケーションブログは、どちらのパターンで書籍化を目指すにしても、必ず必要になります。

 

この3種類のブログについては、それぞれ以下の通りリンクをしてください。

 

●コミュニケーションブログ→コンテンツブログ、ブランディングブログ

コミュニケーションをとった読者の方々に応援してもらうためにも、コンテンツブログ、ブランディングブログへのリンクは必須となります。

 

●ブランディングブログ→コンテンツブログ

ブランディングブログでは口コミによる波及効果を狙うため、キャラクターを際だたせる必要があります。

そのため、コンテンツブログへのリンクは、「こういうコトもやっているんだ~」とプラスに作用しますが、コミュニケーションブログへのリンクは、キャラクターとの矛盾が生じる可能性がありますのでリンクはしないようにしてください。

キャラクターとの矛盾が生じないのであれば、ブランディングブログとコミュニケーションブログを相互リンクにしてもよいでしょう。

 

● コンテンツブログ

コンテンツブログは、コンテンツの内容で勝負するブログですので、ブランディングブログのようなキャラクターを際だたせる演出は逆効果になりますし、コミュニケーションブログでコミュニケーションをとっているところを見られるとマイナスになることがありますので、どこにもリンクしないようにしてください。

 

このように、コンテンツブログ、ブランディングブログ、コミュニケーションブログの3つのブログを戦略的にリンクし、運営していきます。
それぞれのブログの作り方に関しては、詳しく説明していきます。

 

Ad

Ad

-ブログから出版する方法
-

執筆者:

関連記事

no image

ブログを本にしたいなら運営者として一貫したイメージでブログを運営しよう

ブログを書籍化する場合、出版社の編集者はどこの誰だか分からない人が運営しているブログに対して、書籍化のオファーをするということです。 なので、できるだけ写真が掲載されていた方が、安心してオファーできる …

no image

ブログを本にしたい場合の注意点

書籍化を目指すブログで、コンテンツの商品価値を下げるであろう、あまり好ましくないことを整理しておきます。   ●読みにくいデザイン ブログの目的は書籍化なので、メインの読者ターゲットは出版社 …

no image

編集者に信頼されるためにブログを継続的に更新するしくみを作る

ブログの書籍化を目指す場合、出版社がブログを見たときに信頼性がなくてはなりません。 そのためには、文字数や記事数、プロフィールやデザインなども見られますが、それよりも更新頻度が重要になります。 コンテ …

no image

本にするのに必要なコンテンツブログの作り方

コンテンツブログについて詳しく説明します。   ●コンテンツブログの目的 できるだけ絞り込んだテーマで、1テーマ1ブログにして量産し、コンテンツ重視の検索に引っかかりやすいブログを目指します …

no image

出版社は本になりそうなブログや著者を探している

出版社は、常に面白いネタを探しています。 これは、間違いなく事実です。   つまり、現時点であなたのブログが書籍化のオファーを受けていないのであれば、それは、出版業界の人間に気付かれていない …